医療事務 管理士

Sponsord Link


医療事務管理士という資格を独学で取得できるのか?

医療事務の資格の中に「医療事務管理士」という技能認定振興協会が主催する資格があります。
他の医療事務と業務内容は大差ありませんが、医療事務に関する民間資格の1つです。

この医療事務管理士の資格を独学で取得するのは十分可能な資格です。
以前は受験資格がありましたが、現在は撤廃されて誰でも受検する事が可能となっています。
検定試験の内容は、医療の法規に関する事、保険請求事務に関する事、そして医学的な知識が学科問題で問われます。
実技試験はレセプトの作成です。
主催団体と提携している教育機関から、テキストを購入し知識をつけて、レセプト作成を繰り返し行う事が、独学での医療事務管理士への合格の近道です。

医療事務管理士の合格率と難易度はどれくらいなのか?

医療事務管理士の検定試験を主催する技能認定振興協会の発表では合格率は50%とあまり低くなく、どちらかと言えば受かりやすい部類の医療事務の資格の1つであると考えられます。
受験資格が無いので、誰でも簡単に受検できる医療事務の資格試験で「診療報酬請求事務能力認定試験」の合格率が20%から30%なので、これと比較をすれば医療事務管理士の難易度は比較的低いと言えますね。

それでも心配だと言う方は、技能認定振興協会のホームページから提携の教育機関のホームページへ行く事ができます。
そこで実施される医療事務管理士向けの勉強講座を受講する事が出来ます。

ちゃんとテキストを読み込み、レセプトの作成を行う事が出来るようになれば、比較的、容易に取得できる医療事務の資格です。

Sponsord Link