医療事務 英語

Sponsord Link


医療事務で英語が話せると求人に有利になるのか?

医療事務の仕事は、レセプトの作成をはじめとした病院内の患者様達からは見えない事務作業がほとんどです。
しかし、受付などの業務も行いますから、病院の顔と言う側面もあります。

さて、医療事務の職の面接を受ける際に、英語が話せる事をアピールポイントとして猛プッシュしても、熱意は病院側にはあまり伝わらないか、熱意はわかるが英語が話せるのならば、別の場所で就職をして方がいいのでは、と言われるのは当たり前だと思います。

その病院の周りに外国人労働者が多く住む地域ならば、是非とも採用したいという流れにはなりますが、やはり医療事務が英語を話せるメリットは大きくはないと考えます。

つまり、英語が話せるという事だけをアピールポイントにしては有利にならないという事です。

医療事務で英語が話せる事をアピールポイントにするには

英語が話せるという事は、平均的な日本人よりも多くの外国人の方と話している、つまりコミュニケーション能力が高い事の現れです。
また世界中をその英語能力を駆使して歩き回ってきたというアグレッシブな人は、是非とも英語が出来るのという点では無く、英語を駆使して世界中を回った行動力をアピールポイントにしてはいかがでしょうか。

前述の通り、医療事務はレセプトの作成など病院の事務作業も行いますが、病院の顔として受付に立つ事があります。
その際、英語をしゃべるようになる為に培ってきた、コミュニケーション能力をフルに活用できますね。
また、医療事務の資格を取得していない場合でも、世界中を回った行動力に裏打ちされた力を使い、資格試験を突破し、医療事務の最難関とされる診療報酬請求事務能力認定試験を突破する原動力にできると言えば、求人を出している方としても、魅力的に見えるもだと考えられます。

Sponsord Link