医療事務 栄養士

Sponsord Link


医療事務としての栄養士

栄養士は病院の中では医療事務的なポジションに位置します。
ですから、求人広告でも事務兼栄養士として高校を出します。

栄養士は専門の施設で栄養士としての知識や技能を2年間かけて修得し都道府県知事から免許を受けなければ栄養士として名乗る事の出来ない「名称独占資格」なのです。
専門の施設は夜間及び通信教育を行わないため、学生が学業の一環として栄養士の勉強をして栄養士になる以外の方法ですと、栄養士になるのは大変難しいです。
つまり、会社勤めをしている人が栄養士の資格を取得するには、会社を辞めて、もしくは深夜帯にアルバイトをしながら専門の施設に通わなければいけないのです。

さらに、管理栄養士になる為には栄養士としての実務経験を経なければ受験資格が与えられませんがいけませんが、この実務経験の中に医療事務としてのみ働いていては実務経験として年数はカウントされません。
多くの求人が栄養士兼事務という形での求人なので、必然的に医療事務をはじめとした事務の能力も栄養士には必要となります。

医療事務としての栄養士の求人はどのくらいあるのか?

医療事務兼栄養士の求人は、学校の給食センターや病院、老人介護施設、保育園、食品会社などから求人が出されています。
ですが、栄養士だからといって調理をメインに行うのでは無く、事務作業も多くこなす必要があります。
しかし、これらの仕事で実務経験を積まなければ栄養士の上位ランクである管理栄養士の受験資格が与えられません。

求人の数は少ないですが、欠員が出る前に、仲間の栄養士に声をかけて欠員を埋めてしまうので、公に求人を出すという機会が少ないからだと考えられます。

またお給料ですが、17万円から23万円程度です。
病院等に直接雇用されたら、待遇は良いと言われています。

Sponsord Link