医療事務 一般事務

Sponsord Link


医療事務と一般事務の違い

一般事務と言っても営業の補助を行う「営業事務」や経理を行う「経理事務」等と幅広く別れています。
大きな企業では、様々な部署の事務へ配置交換させられて、営業事務だったり、経理事務だったりを行う事となります。
その点では、幅広い知識や応用力が一般事務に求められます。

医療事務と一般事務の大きな違いはレセプトの作成です。

どのような部署に配置交換をされても、一般事務がレセプトを作成する部署になる事はありません。
医療事務はレセプトを作成する他に、一般事務のような仕事をこなさなければいけません。
病棟の調整や医院長のスケジュール管理を行う医療秘書も医療事務の1つですからね。
営業事務のような営業マンの補助はありませんが、医師や看護師の補助を医療事務は行いますし、当然、電話対応も行います。
さらに受付として窓口に立ち、時としては患者やお見舞いの人々の案内も行います。
そのため、医療事務は病院の顔としての役割も持っています。
ただ黙々とレセプトを作成しているだけでは、医療事務は勤まりません。
医療事務は幅広い応用力と医療・保険制度の高い知識が必要となります。

医療事務と一般事務のお給料を比較

一般的に、医療事務の方が、一般事務よりも支払われる給料が若干ですが低いと言われています。
仕事量を比較すると医療事務の方が、一般事務よりも忙しいのでもっともらってもいい、という声もあります。
一般企業のように土日が休みという病院だけでもありません。

しかしながら、医療事務は一般事務と異なり、結婚し妊娠をして出産して、子育てが一段落した後に、医療事務で働いていたという経験があれば、容易に再就職が出来るという点で、一般事務よりも有利です。

Sponsord Link