医療事務 資格

Sponsord Link


医療事務の資格の種類

医療事務にはたくさん種類の資格があります。
しかし、資格の種類が多い反面、実際の現場では資格所有者よりも実務経験者を優遇して採用する傾向があります。

これは、医療事務の資格が、資格の検定試験を開催する団体が異なる事により、名称が異なってくるだけの民間資格だからです。
つまり、特定の資格を取得しなければ医療事務として働けない訳ではないのです。

しかしながら、実際に医療事務として働いた実務経験がなければ受検することの出来ない、医療事務の資格もあります。
また、面接の際のアピールポイントとして資格の話しをすれば、実務経験があるがブランクの長い実務経験よりも有利となります。

独学と学校、医療事務の資格を取得するにはどっちがいいか?

医療事務の資格を独学で取得することも十分可能です。
金額も学校や通信講座へ受講するよりも安く済みます。
しかしながら、多くの医療事務の資格は学校や通信講座の医療事務課程を修了した上で、検定試験に合格しはじめて取得できるものが多くを占めています。

必然的に独学で医療事務に関する資格を取得するためには、病院へ医療事務として雇われ、現場で働きながらレベルアップの意味合いで取得するというものになります。
また、医療事務は医療行為を行えませんが、医療行為や薬、保険に関する専門的な知識が求められます。

確実に医療事務に関する資格を取得し、医療事務として就職を希望しているのであれば、学校や通信講座を利用するべきです。
学校や通信講座でも5万円から7万円が相場ですので、取得するための金額的な問題はあまり高くありませんね。

Sponsord Link