医療事務 服装

Sponsord Link


医療事務の面接にいく際の服装には注意です

医療事務として働く為には、病院へ面接に行かなければなりません。
アルバイトやパートとして働く場合でも、私服で行くよりは当然、スーツで行く方が好印象を相手に与える事ができます。
病院は様々な人が来るある意味では公共の場ですから、服装など細かいようですが、面接官は無用なトラブルを避けるためにしっかりと、服装から礼節に至るまでチェックをしています。
スーツですが、医療事務の場合は黒一色のリクルートスーツよりも、少し明るい色のスーツをお勧めいたします。
また、花粉症だからといってマスクを取らずに面接を受けるなどしては、当然落とされます。

医療事務スタッフの服装は制服です

医療事務として無事に採用されますと、クリニックごとに決まった制服が用意されています。
そのため朝は普段着で病院へ行き制服に着替えて、更衣室などで着替えて医療事務の仕事をします。
特に服装には気を使わなくても大丈夫です。

医療関係で働く際に求められるものは清潔感です

医療事務は事務所の奥でレセプトの作成やその他病院の事務を行います。
しかしながら、このようなレセプトの作成のみや事務作業のみを行うのは大きな総合病院や大学病院などです。
多くの医療事務が勤めるのは、個人経営のクリニックです。
個人経営ですからレセプト作成のみを行っているだけではいけません。
受付業務も兼業で行わなければいけません。
受付業務とはすなわち、受診に来る患者が初めて声をかけるクリニックの関係者です。
そのような人が、少々不潔な格好、万人が納得しない服装をしていたら、患者へ与える印象はたいへん悪くなります。

医療事務は、特にクリニックなどの小さな病院では、医療事務の服装や礼節に問題があれば患者は、医者の腕が良くても好印象は持ちません。

清潔感溢れる格好で、患者を迎え、礼節に損じる事の内容に案内を行えば、医者の腕がいまいちでも患者は再び病院へ訪れるでしょう。
第一印象はたいへん大切なものであり、その病院の特に小さなクリニックなどの格を決めるものである事で間違いはありません。

Sponsord Link