医療事務 補助

Sponsord Link


医療事務の新しい仕事・医師事務作業補助者について

医療事務の資格の中には、医療秘書と呼ばれる一般企業の秘書と同等の仕事を出来る事を証明した資格が存在します。
これは多忙な病院長や看護部長のスケジュール管理を行ったり、代わりに書類の作成などの事務作業を秘書のように行ったりするものです。

さて、現在は医師不足が深刻化しとても問題となっております。
しかし病院へ来院する患者の数は増加の一途をたどっています。
つまり、一般の医師1人へかかる仕事量が増えるわけです。
1人でこなせる仕事量は限られておりますし、医師も人間ですので無理をしすぎるとダウンしてしまいます。
そこで新しく設けられた医療事務職が医師事務作業補助者です。

医師事務作業補助者は一般の医師の指導下で、医師が医療行為に専念する事が出来るように、医師が行う事務作業を代わりに行うというものです。
つまり、一般の医師の秘書のような職務であると考えてもらえればいいでしょう。
医師事務作業補助者の職務は、医師の指導の下で、医師に代わり診断書の作成をする事務作業。
処方箋の作成などのわずらわしい事務処理を医師の代わりに行います。

医療事務が医師の仕事を補助するメリット

医師の数に対して患者の数が多いと、それだけ医師の仕事は増えるわけです。
この増えた仕事の中には面倒くさい事務作業も含まれています。
患者を1人の診察するたびに事務作業をきっちりと片付けた後、新しい患者を診察するのでは診療の待ち時間が長くなってしまい、最終的には不効率となり、誰1人として得をしません。

そこで、医師が医療行為に専念する事が出来るようになる。
医療事務職の新しい雇用が生まれる。
患者達からは病院のたらい回し被害に遭わずにすむ、現在の人員不足の医療業界ではメリットばかりの新しい医療事務職です。

Sponsord Link