医療事務 倍率

Sponsord Link


医療事務の求人倍率は高いです

医療事務は結婚後、出産後も安定した生活を送る為に共働きを考える女性にとっては、大変魅力的な職業という認識が生まれました。
これに医療事務講座をプッシュする資格の教材メーカーがテレビコマーシャルを流した事が、医療事務の求人倍率をさらに高くする事へ拍車をかけました。

医療事務は資格が無くても、過去に医療事務として働いていたという経験を、資格所有のみ経験者よりも優遇して採用する傾向があります。
一般事務のようにブランクがあると就職が難しくなってしまうという事がありません。
そのため、結婚して子育てをして、さらに安定した生活を送る事を考える女性には持ってこいの職場というわけです。

また、お医者さんと結婚をして玉の輿に乗り寿退社を考えるという打算的な考え方から医療事務を目指している方も存在するのも確かです。

医療事務の求人倍率はさらに高くなるのか?

日本はこれから加速度的に高齢者社会へなっていきます。
そうなりますと、医者や病院という存在は常に引く手数多となります。
そうなれば、大きな総合病院や大学病院へ勤めているよりも独立して開業をしようと考える医師もその分増えてきます。
医師の需要は高まり続けるのですから、まず倒産する可能性もありません。
その際、レセプトなどの処理を行える医療事務を医師は必ず求めます。
医師や看護師は医療行為に対しては専門的な知識を持っていますが、その医療行為からレセプトを作成するという事に対してはまるで素人です。
すべてを自分で行おうとした結果、患者に不正請求をしてしまったら患者達から不信感をもたれてしまいます。

そのようなリスクを分散する為に、独立開業した医師は医療事務を雇います。

総合病院や大学病院だけでは無く、街の診療所なども視野に入れながら就職活動をすれば、採用をしてくれる場所があります。

Sponsord Link