医療事務 エクセル

Sponsord Link


医療事務でも必要とされるエクセルスキル

資格試験では筆記でのレセプト(診療報酬明細書)の作成が問題として出題されますが、実際はパソコンでの入力が今では一般的です。
手書きでレセプトを作成する病院は、現在ではほとんどありません。
街の小さな病院ですらレセプトを作成するプログラムがインストールされているレセプト作成専用のパソコンを使用し、レセプトの計算をしていきます。
そのため、経験者が優遇される医療事務の現場ですが、現在ではブランクのある医療事務の経験者よりも未経験者でもパソコンの能力がある者ならば、パソコンの能力がある未経験者の方が採用されるというケースも増えてきています。

パソコンを使えればレセプトを作成する他に、見積書や経理報告書なども作成する事が出来ます。
例えば、保険適用外の医療行為を行う場合に、見積書がわかりづらければいったいいくら払えばいいのか、必要以上に支払いすぎているのではないのだろうか?とわかりづらい見積書をもらった患者は思ってしまいます。
ですから、見やすい見積書を作れる、エクセルの能力や、病院の広告文を作成する為に使用するワードの能力もあれば就職活動が有利になるでしょう。

また、どのように医療行為を進めていくのかを、わかりやすく図案化して患者さんに見せるためにパワースポイントの能力もあれば、何かと役に立つでしょう。

医療事務とパソコン能力

医療事務に必要なパソコンのスキルですが、レセプト作成のプログラムを初めから組む等の高等なスキルは必要なく、本当にエクセルやワードの初歩的な入力作業ができれば十分です。

Sponsord Link