医療事務 履歴書

Sponsord Link


医療事務の履歴書、取得した資格はどのように書けばいいのか?

医療事務と一括りにされていますが、医療事務の資格はたいへんたくさんあります。
ニチイで取得できる医療事務の資格は「医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)」「医師事務作業補助技能認定試験(ドクターズクラーク)」「診療情報管理技能認定試験(メディカル・レコード・コーディネーター)」などがあります。
この資格を履歴書の資格を書き込む欄に、取得日を記載しますが合格通知が届いた日では無く資格試験を受験した日を書き込みましょう。

医療事務に関する資格が多いため、病院側が把握していない資格もあります。
きちんと資格の欄は埋めていけば、面接の際に話しの種になりますので、きちんと埋めましょう。
せっかく取得した資格ですから、是非ともアピールの材料にしましょう。

医療事務の履歴書に自己PRも志望動機を書きましょう

医療事務の履歴書を作成する際には、同時に添え状も作成します。
簡単な自己PRは添え状に書く事が現在、主流になっています。
添え状は履歴書などの表紙として利用するもので、採用担当者が1番最初に目にするものです。
そのため、自己PRを添え状に書き、履歴書には志望動機のみを書けばいいと勘違いする人もいます。
しかし、実際は面接の際は履歴書や職務経歴書の方のみを見て採用担当者は面接を行います。
添え状はあくまで、表紙なので面接をする際は質問の材料にはなりません。
つまり、自己PRを添え状に書き込んだから、履歴書には志望動機のみを書くと、採用担当者が面接の際に、質問するネタが少なくなり、思いの丈を満遍なく話す事ができなくなるので、面倒くさがらずに自己PRも履歴書に書き込みましょう。

Sponsord Link