医療事務 面接

Sponsord Link


医療事務の面接で気をつけたい服装について

医療事務の面接を受ける際には、服装にも気をつけなければいけません。
一般企業でも面接を受ける際には服装には気をつけなければいけませんが、一般企業ではリクルートスーツのような黒一色の服装では問題はありません。
しかし、病院で黒一色の格好は好印象をもたれません。
黒は死を意味する色です。
験担ぎではありますが、些細な理由で不採用になっては面白くありません。
潰せる不採用の原因は早々に潰しましょう。

医療事務の面接で質問される資格について

医療事務に関する資格はたくさんあります。
しかしながらすべて民間資格であるため、たくさんの医療事務を持っていると、逆に病院側ではどのような事ができるのか、質問をされます。
例えば、ニチイを利用すれば医療事務技能審査試験を受検し合格をすれば、メディカルクラークに認定されます。
しかし、病院側ではメディカルクラークとは何か?という質問をしてきたりします。
資格を取得したのに、この質問に答える事ができなければ、せっかく取得したのに資格の意味が無くなりますので、答えられるようにしておきましょう。

医療事務の面接で尋ねられる志望動機についての考察

医療事務の職に就きたい理由、つまり志望動機の多くは、安定性でしょう。
一般企業と異なり、病院は倒産する危険性が少なく長年勤めれば年功序列として給料のアップが見込めるという事ではないでしょうか。

これを正直に伝えるのも立派な志望動機ですが、これだけでは採用まで漕ぎ着けるのは難しいでしょう。
安定性の他に、どうして医療事務に興味を持ったのかという理由を深く考える事により、志望理由は自ずと生まれてきます。
別に格好いい事を言わなくてもいいのです。
「どうしてこの病院で働きたいのか」「どうして医療事務になろうと考えたのか」この2点をしっかりとアピールできる自分独自の志望理由を考えましょう。
それが、合格への近道かも知れません。

Sponsord Link