医療事務 副業

Sponsord Link


副業としての医療事務

医療事務に関する民間資格はとてもたくさんあります。
しかしながらそのほとんどが、名称が異なるだけであり、取得していたとしても就職活動中の面接において、無資格者よりも優遇をされますが、経験者と資格所有者ではあるが未経験者では、経験者の方が圧倒的に採用される確率が高くなります。
そのため、一度、医療事務の現場で活躍していた女性が、結婚を機に退職をして妊娠をし、常に子供のそばにいなくても良くなった際に、再び働こうと考えた際、医療事務の経験者であるという点から現場への復職が容易となるのです。

また多くの病院やクリニックでは、正社員としての医療事務スタッフよりもパートタイマーのような副業として働く社員を求める傾向があります。

医療事務を副業として行うならばどのような勤務先が良いか

医療事務を副業として行うならば、総合病院や大学病院ではなく、地域に根ざした個人の開業医、つまり小さな街のお医者さんを勤務先とするべきです。

これは何故かといえば、個人の開業医の病院の方が、シフト調整がとても楽だからです。
例えば、近隣の小学校で運動会がありそれに子供が参加するならば、前もって運動会に子供が参加する旨を医院長へ伝えれば、地域に根ざしているので医院長自身は運動会がある事を知っているわけですから、すぐに了承がもらえるというわけです。

同様に、大きくない病院ですと医院長へ休む理由(子供が熱を出したからなど)を直接言えますし、総合病院や大学病院などのように忙しくないという点である程度、融通が利くからです。

Sponsord Link