医療事務 男性

Sponsord Link


医療事務の男性職員の求人はあるのでしょうか?

医療事務といいますと、病院の受付を行う女性の姿を思い浮かべるのでないでしょうか? また、医療事務は未経験者でも就く事ができる仕事ですし、女性は結婚後も医療事務としての経験や資格があれば比較的簡単に再就職する事ができるという理由で、女性から支持されています。

では、医療事務の男性職員の求人が無いのかと言えば、そんなことはありません。
多くの女性が前記のような理由、つまり、結婚をして寿退社をするまでの腰掛け的な職として、医療事務を目指します。
採用をする病院としては、ある程度のスキルを持った医療事務が寿退社してしまうのは、たいへんな痛手となります。
さらに総合病院や大学病院では夜勤などの不規則な環境下で仕事をしてもらわなければいけない場合は、経験者の女性よりも体力のある未経験でもやる気のある男性職員の方が重宝されます。

医療事務は年収が少なくて男性では生活できないのでしょうか?

医療事務の年収は350万円から400万円が相場となっています。
男性としてはこの額の年収では家族を養っていけないと考え、医療事務という職を敬遠する傾向があります。
しかしながら、この年収は大小様々な病院で働く様々な種類の医療事務の平均的な年収です。
医療事務と一括りにされますが、医療事務にも様々な種類があるのです。

多くの医療事務は、個人経営のクリニックで受付業務からレセプトの作成や雑用を行います。
しかしながら、中には一般企業のように人事部や経理部などがある病院もあります。
そこで人事部長などの役職に就いている医療事務もいるのです。
当然ですが、年収の相場とはかけ離れた額の年収を得る事が可能です。
また、医療事務の人数は女性の方が圧倒的に多いですが、部長などの役職に就くのは男性の医療事務が一般的です。
これは、役職に就く前に女性が退社してしまう事が理由であると考えられます。

Sponsord Link