医療事務 実習

Sponsord Link


医療事務の実習を受ける際の注意点はどのような所でしょう

専門学校などでは、医療事務の実習を受ける事ができます。
医療事務の現場は座学とは全く異なる上、経験者で即戦力となる人材を求める傾向にありますから、実習は受講すべきなのです。

さて、実習を受講する際は、目標を持ち行わなければいけません。
目標は実習先の病院へ行く前の面談で、目標の有無を尋ねられます。
目標とは志望動機であるとも言えます。
志望動機は、実際に就職する際に必要となりますので、面談で目標や志望動機を専門学校の先生ときちんと話し合う事をお勧めいたします。

医療事務の実習中につける日誌はどのようなものか?

実習で医療事務の仕事をするわけですから、きちんと日誌をつけなければ実習の意味をなしません。
きちんと勉強をしているか否かをはかる為に日誌をつけるのであり、下手な日誌をつけない為にと実習に身が入るというものです。

この日誌ですが、感想文のようなものでは駄目です。
最終日に実習内容を振り返り綴る感想ならばいいのですが、毎日、感想文のような日誌ではいけません。
感想の他に、自分が考えた事、不甲斐なかった点、周囲の人々の動きを観察し、自分に不足している改善点などを感想の他に綴りましょう。
日誌は、座学でノートをとるが如く、実習でしか学ぶ事や体験する事のできない内容をノートにとるのですから、細かすぎる事まで書いて損はありません。

医療事務の実習を行った病院へお礼状を書くべきか?

医療事務の実習はあくまで、専門学校での授業の一環ですが、実習先の病院へお礼状を書くのは必要最低限のマナーです。
多忙な時間を割いてまで医療事務の現場を体験させてくれたのですから、お礼状の1つは書くべきです。
また、お礼状がきっかけで、実習先お病院とコネが生まれます。
わずかな心配りができるかどうかは、医療事務にとってたいへん重要な能力です。

Sponsord Link