医療事務 仕事内容

Sponsord Link


医療事務の仕事内容はどのようなものなのでしょうか?

医療事務の仕事内容は、働く病院の規模により大きく異なります。

すなわち、総合病院や大学病院などではレセプトの作成のみをする。
医師や看護師の事務処理の補助を行う。
または、秘書のような事も医療事務の仕事内容となります。
また、大規模な個人の病院では一般企業のように人事や経理部などあります。

そのような病院での医療事務は、レセプトの作成などを行わず一般企業の一般事務と同じような仕事内容を行うといったケースもあります。
規模の大きな病院になれば、医療事務の仕事は細分化さ専門化されていきます。

クリニックでの医療事務の仕事内容は、どのようなものでしょうか?

規模の大きい総合病院や大学病院では、医療事務の仕事は専門化、細分化されていて、その業務しか行わないといったのが一般的です。

一方で、規模の小さな個人経営の街のお医者さんであるクリニックの、医療事務の仕事内容は多岐にわたります。
つまり、病院の窓口での受付からレセプトの作成、その他の雑務までを幅広く行わなければいけません。
医者や看護師が行える医療行為以外の病院の業務を行っていると考えてもらって結構です。

クリニックでは看護師が医療事務を兼業で行うところがあります。
しかしながら、レセプトの作成の業務はとても専門的な知識が必要となります。
さらに度々、レセプトの点数や算定方法が変わってきます。
そのため、人員がいないからといって看護師が兼業でレセプト作成を行うというのは、なかなか難しいと言っても過言ではありません。

算定方法が変わっていたのを知らなかったでは、診療報酬、つまり患者が病院へ払う金銭が変わっていたのを知らなかったという事になります。
診療報酬の額を間違って患者へ請求すれば、それは不当な請求となります。
いくら腕のいい医者がいたとしても、不当な請求をすれば、そのクリニックに対する信用は失墜いたします。

Sponsord Link