医療事務 合格率

Sponsord Link


医療事務の合格率は高いのか低いのか?

医療事務の資格試験の合格率は概ね60%から70%が一般的です。

ちゃんと勉強をすれば比較的簡単に取得する事が可能な資格だといえます。
しかしながら財団法人日本医療保険事務協会は、数ある医療事務関係の財団法人の中で唯一厚生労働大臣が許可を下した「診療報酬請求事務能力認定試験」のみは合格率が30%前後とたいへん低くなっています。
実際に医療事務として活躍している方でも合格する事が難しく、合格をすると資格手当が発生する可能性である資格です。

この診療報酬請求事務能力認定試験以外は合格率が高い資格となっています。

医療事務の資格試験の合否通知は必ずくるのでしょうか?

医療事務の資格試験の合否通知は、受験後、約1ヶ月以内に合否通知が届きます。
しかしながら、受験者が多いため1ヶ月をすぎても通知が来ない場合があります。

その場合は、受検主催機関へ問い合わせをしましょう。
不合格だからといって、通知を行わないという事はまずあり得ませんので、通知が何らかの理由で遅れているので、気兼ねする事無く問い合わせをしましょう。

医療事務の試験の合格率を上げるコツはどのようなものでしょうか?

資格試験の合格率を上げる一番簡単なコツは、繰り返し勉強を行う事につきます。

これは医療事務の試験だけに関わらず、すべての難関だと言われる、合格率の低い資格試験だとしても、合格率を上げる為には毎日コツコツと勉強をするしかありません。
楽をして合格通知をもらったとしても、感慨深くありません。

下手にいろいろな勉強法を行うより、医療事務の検定試験ならばレセプトを作成したり、医療行為についての専門的な知識を繰り返し暗記していったりするのが、合格のコツとなります。

Sponsord Link