医療事務 年収

Sponsord Link


医療事務の年収はどれくらいでしょうか?

医療事務の平均年収は一般的に300万円から400万円の間だといわれています。
この一般的な年収というものは、大きな総合病院や大学病院から個人経営の診療所までの医療事務の年収も含まれています。

多くの医療事務の資格所有者はレセプト作成や病院や診療所の窓口の受付業務が主な仕事内容となります。
一般事務職と同じように残業等は少なく、休日出勤等もあまりありませんが、一般事務と比べると職務内容は多忙であり専門性が求められます。

しかしながら一般事務と比較すると年収は少なめとなっております。

そのためか、男性が働くには年収が少なく医療事務は女性が寿退社を前提として働く職場というのが一般的となります。

医療事務の年収では男性は働けないといわれていますが

さて、男性の医療事務の職に就く人が増えています。
少し前までは女性のみの職場でしたが、現在は男性でも医療事務として活躍しています。

年収が安いから、医療事務で男性は働けないと思われがちです。
これは医療事務の仕事の多くが、レセプトの作成や受付業務だけだと考える古い考え方によるものです。

最近の医療事務はレセプトの作成、受付業務だけが仕事ではありません。
また大きな病院に限りますが、一般企業のように経理部や人事部や労務部等が存在します。
病院はそこで一般事務を別に雇うよりも医療事務として事務を雇い一般事務と同様の仕事をさせていけば合理的です。

さらに女性のように寿退社をする割合は男性ではほとんどありません。
長年、同じ病院に勤めていれば、当然ですが年功序列で支払ってもらえる給料もあがり年収も高くなります。

Sponsord Link