医療事務 需要

Sponsord Link


医療事務の需要はあるのでしょうか?

現在、医療事務は結婚後、出産後も経験があれば働けるという大手の通信教育講座の宣伝により、以前よりも医療事務として働きたいと考える女性が増えてきています。
また、女性の職場というのも過去のものであり、現在では医療事務の男性も増えてきています。
それに伴い、医療事務関係の資格を持つ方が、求人を出す病院や薬局よりも数が多いというのが現状となっています。
つまり需要よりも供給の方が多いのです。

医療事務の需要は増えるのでしょうか?

現在は医療事務の需要よりも医療事務になりたいと考える人の方が多いというのが現状です。
では、需要の見込みが無いといえば、将来的に医療事務の需要は増えてくると考えられます。
これは高齢化社会へと日本が向かっている為です。
そして医療行為を行う事が出来るのは医師や看護士の資格所有者だけです。

この医師や看護師の数が病院へ来る人々の数と比べると圧倒的に少ないのが、日本の現状です。
そのため、医師、看護師が1人で処理しなければいけない事務作業の量が増えていきます。
患者を診れば診る程、事務処理が増えていくのです。
事務処理を行えば行う程、医療行為を行える時間が少なくなってしまいます。

そのような現状を鑑みますと、医師や看護師の事務作業を代わりに行い、そのスペシャリストである医療事務は、将来的に需要が増えていきます。
また、医療事務はレセプトの作成という業務から、患者達の受付業務までが仕事の範囲内でしたが、最近では医者の作成する書類の作成補助や医師のスケジュール管理等を行うような医師の事務処理の補助を行うまで幅広く医療事務の働く場所が幅広くなってきています。

Sponsord Link