医療事務 高卒

Sponsord Link


医療事務は最終学歴が高卒でも就く事ができる仕事なのでしょうか?

医療事務になる為には、どのような資格が必要なのかと問われれば、適切なコミュニケーション能力があげられます。
医療事務は病院の顔ですから、礼節に欠けるような態度をとるような人物では、病院は採用をしないでしょう。

後は、向上心と熱意です。
向上心と熱意をうまく伝える事ができれば、例え資格を取得していなくても、その若さ故に伸びシロがありと判断されるケースが多々見受けられます。
つまり、高卒であれば医療事務として活躍する事が可能なわけです。

高卒の医療事務の給料はどれくらいなのでしょうか?

正社員として病院に採用された場合の給料は15万円前後だと言われております。
病院の規模が大きいのならば、例えば総合病院だったり大学病院だったりしましたら、もう少し貰える給料の額が増えるでしょう。
また地方の病院の場合は、給料の額が15万円よりも低くなる可能性が高いです。

しかしながら、長年勤めれば年功序列として、支払われる給料の額は毎年増額していきます。
よっぽどの不祥事や周辺の過疎化が無い限り病院が潰れるという心配はありませんので、一度、医療事務として採用されたならばきちんと真面目に仕事をこなしていれば、実力主義の現場なのでそれなりの地位に就けるでしょう。

高卒の医療事務のメリット

転職をするにしても医療事務は実務経験者を優遇する傾向があります。
学歴はあまり関係ありませんので、高卒から医療事務を専門に働いていれば、次の就職先に困るという事は無く、引く手数多となります。
また、結婚して一時現場を退いたとしても、経験者なので再就職をするには大変有利です。

Sponsord Link