医療事務 ボーナス

Sponsord Link


医療事務のボーナスの平均はどのくらいなのでしょうか?

正社員の医療事務は、小さな街の診療所では賞与、つまりボーナスはあまり出ません。
ですが、普通の規模の病院や大きな総合病院、大学病院の多くでは年2回のボーナスがだされますのがもっぱらです。

医療事務の職についている多くの方は、個人の診療所に勤めているという事もあり、ボーナスがでないという方が多いのではないでしょうか。
調べたところによりますと、1回のボーナスが10万円であり、2回目は海外旅行のような経費で落とす事のできる現物支給的な方法でお茶を濁すクリニックも存在するようです。

地域別に差がありますが支給されるボーナスは10万円から15万円が平均的なボーナスになります。

医療事務のボーナスの相場はどれくらいなのでしょうか

ボーナスの支給の平均額は3ヶ月から4ヶ月分だそうです。
そのため、10万円から30万円も受け取る事ができる人もいます。
もらえるボーナスの相場も地域や病院の規模により異なってきます。
つまり、大きな病院であればボーナスに30万も支給されるのです。
また、一般企業同様、長年、同じ病院に勤務し続ければ支給されるボーナスの金額が増加します。
さらに、病院は潰れる可能性が一般企業よりも低いため安定した収益が得られるでしょう。

医療事務のボーナスの相場は、基本的に一般事務員のボーナスの相場と同じぐらいか若干少ないと言われております。
しかしながら、多くの医療事務関係者はボーナスがもらえないアルバイトや派遣社員ですので、ボーナスをもらえるのは正社員だけでありますので、ボーナスがもらえるだけで十分で金額ではないという方が多くいます。

Sponsord Link