医療事務 給料

Sponsord Link


医療事務の給料の平均や相場はいったいどのくらいのものなのか

高卒で医療事務の職に就いた方の給料の平均は14万円から16万円程度だといわれています。
働く病院の規模により多少変動があるようですが、14万円から16万円程度が高卒で医療事務職に就いた人の給料の相場です。
ちなみに、規模の大きな病院とは総合病院や大学病院となります。
規模の小さな病院は個人経営の診療所です。
総合病院や大学病院はレセプトの処理のみを行ったり、医師や看護師のスケジュール管理を行ったりする仕事の方が多いですが、診療所の場合はレセプトの作成の業務や医師や看護師のスケジュール管理よりも患者の案内や受付業務その他雑用の仕事が多くなります。

大卒や専門学校卒業で医療事務の職に就いた方の給料の平均は18万円から20万円程度が平均だそうです。
相場は20万円前後が一般的です。
これは大卒や専門学校卒業生の大半が何らかの医療事務に関する資格を持っているので資格給が高卒で医療事務の職に就いた人よりも資格給が支払われる分、給料の額が高卒生の平均給与額よりも多いわけです。
また、大卒や専門学校卒業の場合は、学校で医療事務の実技講習等を受けている場合が多いので、その点でも優遇されています。

ニチイの斡旋で医療事務になった場合の給料は?

ニチイの斡旋により医療事務になった方は、派遣社員という扱いとなります。
そのため、直接病院に雇用された方と比べますと、同じ仕事量をこなしても支払われる給料からニチイが天引きをしますので、とうぜん支払われる給料は少なくなってしまいます。
そのため、ニチイの斡旋で医療事務の現場で働き経験を積んだ後に、新しく医療事務の職を探すというのが一般的です。

Sponsord Link