医療事務 調剤薬局

Sponsord Link


調剤薬局の医療事務の仕事は?

医療事務と一括りにされ、求人は病院からしか求人が出ていないと思われがちの医療事務職ですが、調剤薬局からの求人も多くあります。

病院の医療事務と調剤薬局の医療事務は元々同じ仕事でしたので仕事内容は基本的には同じです。
ですが、扱っている物が別物です。
そのため、名称も調剤薬局に勤めるならば調剤薬局事務と呼ばれます。

病院の医療事務は診療報酬の請求書を作成するのに対し、調剤薬局の調剤薬局事務は調剤報酬の請求書を作成します。
調剤薬局事務は、病院のカルテを読み診療報酬を計算する幅広い医療、保険介護制度の仕組みを理解する必要が医療事務に比べ、薬についての高く専門的な知識が求められます。

調剤薬局の医療事務の求人はどれくらいあるのか?

病院で求人を出す医療事務よりも、調剤薬局の方が求人は少ないというのが現状です。

病院の医療事務よりも比較的、忙しくないため調剤薬局は未経験者を育成する余裕があります。
このため求人が1つ出れば未経験者も含めた求職者が殺到してしまうのです。

求人広告をハローワークなどに出しますが、知り合いのつてで調剤薬局の医療事務になったという方もいます。
医療事務の経験があれば、調剤薬局事務の資格を持っていなくてもすぐに仕事を覚える事が出来ます。

調剤薬局の医療事務の給料はどれくらいなのか?

調剤薬局の医療事務の給料は14万円から25万円が相場だと言われています。
パートですと時給750円から1000円です。

一般事務と比較すれば高くなりますが、医療事務と比較すると少々安いというのが現状です。

Sponsord Link