医療事務 志望動機

Sponsord Link


医療事務の履歴書と志望動機について

医療事務の面接を受ける為には、病院や薬局へ履歴書を提出しなければいけません。
特に医療事務の資格すら持っていない未経験者は、他の求職者よりも不利です。

そのため履歴書に書き込む志望動機には、熱意がある事とコミュニケーション能力が高い事が書かれていれば、未経験者でもよいアピールポイントとなります。
また、パソコンのスキルがある事を書いても好印象をもたれます。

基本的な事ですが、履歴書は奇麗な字で丁寧に相手が読みやすいように書き、誤字脱字を発見したらその履歴書は破棄し、新しく書き始めなければいけません。
修正ペンで誤字を消して書き直すのは、医療事務に限らず公的な書類では絶対に行ってはいけません。

医療事務、未経験者の志望動機の例文

医療事務の志望動機の例文ですが、気をつけて欲しいのが「病院」を「貴院」と書く点です。
一般企業を「貴社」と書くのと同じ意味ですね。

「貴院の誠実な患者様への対応と未経験者でも応募が可能であるというので、未経験者ではありますが以前から興味のあった医療事務職へ応募させていただきます。
営業事務に勤めており、コミュニケーション能力とパソコンの知識から是非とも貴院のお役に立つ事ができればと考えております。
また、働きながら医療事務の資格試験にも挑戦いたしますので、面接の機会を頂ければ幸いです。

病院が取り組んでいる治療方針や患者への対応に好感を抱き、未経験者ではあるが、資格試験に挑戦しようとする意欲を書いています。

未経験者が知ったかぶり治療方針を書いて褒め讃えても、逆に墓穴を掘る事になる可能性があるので、志望動機は簡潔な方がいいでしょう。

またコミュニケーション能力、パソコンの能力がある事をさりげなく書き、1度、面接の機会が欲しいという事が書いてあります。
資格や経験を持っていませんから、その他の事でカバーしなければいけません。

Sponsord Link