医療事務 試験

Sponsord Link


医療事務試験の合格率は?

医療事務の資格試験の中で最難関と言われているのは「診療報酬請求事務能力認定試験」です。
合格率は約30%だと言われています。

診療報酬請求事務能力認定試験の合格率だけを見ますと低いです。
試験内容も難しいものですが、合格率を下げる原因として受験資格が無いという点も上げられます。

同じ医療事務の資格試験であり人気のある「医療事務技能審査試験」の合格率は60%程度と倍になっています。

医療事務技能審査試験に合格しますとメディカルクラークの称号が与えられます。
以前は1級、2級と別れており、受験資格もありましたがすべて無くなり、現在はメディカルクラークのみとなっています。

医療事務試験の開催される日程は?

医療事務の資格試験の中で最難関である診療報酬請求事務能力認定試験は、7月と12月の日曜日に開催されます。
つまり年2回開催されます。

一方、医療事務技能審査試験は毎月、年12回検定試験が開催されます。

医療事務の資格試験の問題はどのようなものなのでしょうか

医療事務の資格試験の問題は、難易度や専門性が異なるだけで、問われる問題は全体的に似ています。
また学科と実技に別れています。

実技では基本的にレセプトを作成する問題が出題されます。
レセプト作成以外には接遇、病院内でのコミュニケーション能力をテストするものも存在します。

学科試験で問われる問題は、医療保険制度をはじめとした保険制度やレセプトを作成する為に必要な薬価・材料価格に関する基礎的な知識や医療用語を求められます。
また医学の基礎知識なども問われます。

Sponsord Link