医療事務 技能審査試験

Sponsord Link


医療事務の資格の1つである医療事務技能審査試験について

医療事務の資格の1つに、医療事務技能審査試験(メディカルクラーク)というものがあります。
この医療事務技能審査試験は、一般財団法人日本医療教育財団が主催する医療事務の民間資格の1つで40年の実績のある資格試験です。
以前は1級技能審査試験と2級技能審査試験に別れており、受験資格を満たさなければ、医療事務技能審査試験を受検する事が出来ませんでした。

ちなみに受験資格は医療事務として6ヶ月以上の実務経験がある者。
もしくは「2級試験受験資格に関する教育訓練ガイドライン」を修了した者しか受検できませんでした。

ですが、現在はすべて撤廃されており、ただの技能審査試験となっています。
1級も2級も無くなり技能審査試験に合格しますとメディカルクラークという称号が与えられます。

ネット上では未だに1級、2級と別れて紹介しているサイトが多く存在し、医療事務技能審査試験を迷わせますが、現在は等級が廃止され医療事務技能審査試験で統一されています。
与えられる称号もメディカルクラークのみです。

医療事務技能審査試験の受験資格廃止に伴う合格率は?

1級医療事務技能審査試験、2級医療事務技能審査試験に別れていた時の合格率は入門級である2級医療事務技能審査試験は60%の合格率がありました。
1級医療事務技能審査試験は47%です。
しかし、等級が廃止され上、受験資格も撤廃され毎月試験が開催されるようになり、試験の概要も若干異なっているため、過去の合格率はあまりあてにならず、変動すると推測されます。

医療事務技能審査試験の教材は?

医療事務技能審査試験の教材はニチイ学館が教材を出しています。
これは医療事務技能審査試験に受験資格があった頃に、実務経験を経ずに受検する為にニチイ学館の教材が「2級試験受験資格に関する教育訓練ガイドライン」だったので、現在も医療事務技能審査試験の教材はニチイ学館から出ているテキストを使用すると効果的です。

Sponsord Link