医療事務 知識

Sponsord Link


医療事務に求められる医学的な知識

医療事務に求められる医学的な知識は、カルテを読むのに必要な医学的知識です。
さらに医療保険の種類や仕組みについての知識も必要となります。
カルテを読みそこから、診療報酬を算定するのが医療事務の仕事ですから、カルテを読む知識というのは必要になるのです。
しかし、医療事務に求められる医学的な知識は、以上です。
これ以上医学的な知識は特に求められておりません。
知っていれば、損はありませんが知らなくても問題はありません。

医療事務が医療行為を行う事は、違法となりますので医療行為を行う為に必要な知識は必要ありません。

医療事務の医学的知識以外の知識

医療事務はレセプトの作成の他に、病院の受付業務や会計業務も行います。
そのため礼節についての知識が必要です。
病院の顔は医療行為を行う医師です。
しかし、医師の対応は見事であったが、受付の対応が酷かったとなれば、ただでさえ心身的に参っている患者は、その病院へ再び通院を考えるでしょうか? そのため、医療事務は礼節についての必要が必要となってきます。

また医療事務は、患者のカルテを閲覧しますので、それを第三者に漏らすという守秘義務違反をしてはいけません。

近年の医療事務に求められる新しい知識

近年の医療事務に求められる知識には、パソコンの知識というものがあります。
依然のように手書きでレセプト作成をするよりも、パソコンに入力をすれば自動でレセプトを作成してくれるよう、パソコンにプログラミングされています。
つまり、パソコンの知識も医療事務として活躍する為には大変必要な能力と言えます。

Sponsord Link