医療事務 資格 取得 仕事

Sponsord Link


医療事務の仕事とは?

医療事務の仕事は病院等で診療報酬明細書(レセプト)の作成やカルテの整理等を行います。
病院の規模に応じ様々な雑務を任される為、受付等も行います。
レセプトはどのような医療行為を受診したかを点数にして、医療機関はこの点数を加点していき医療費を請求するのです。
例えば、注射をしたならば○点、レントンゲンを撮影したならば△点、そしてこれらの合計点数が請求する医療費になるのです。
さらにレセプトの点数は改正が度々あるので変更されることが多々ありますし、病院ごとに計算の仕方が異なってきます。
なので、せっかく作成したレセプトなのですが、点数が間違っているために正規とは異なる医療費を請求してしまいます。

医療事務のお給料はどれくらい?

医療事務のお給料は、病院と働いている人の間に人材派遣会社が仲介しているかどうかで、もらえる金額が異なります。
ですが相場として15万円から20万円の間だと言われています。
これは診療所のような病院から総合病院や大学病院までを混ぜた平均的な金額です。
医療事務でも人事部長、総務部長の役職を得ることができれば、給料の相場の限りではありません。
業務が多忙になればなる程、お給料はよくなります。
ちなみに、同じ事務でも一般事務と比べますと医療事務の方が若干ですが安いです。
しかし、一般企業とは異なり病院は倒産する危険性は、一般企業よりは圧倒的に少ないです。
薄給だが、安定に重きを置くならば医療事務はお勧めです。

医療事務になる為には?

資格試験がたくさんありますがどれも、すべて民間資格であり業務独占資格にはなりません。
ですが、厚生労働省が認可している財団法人日本医療保険事務協会が行う、診療報酬請求事務従事者の資格をはじめとし、資格を取得していれば就職に有利になります。

医療事務と医療秘書の違いについて

医療事務とは

医療事務は大学病院や総合病院のような大規模な病院、街中にある個人経営の小さな病院に勤めている事務の方です。
診療報酬明細書(レセプト)の計算と作成を行います。病院の規模が小さければ他の雑務なども任されます。
医療事務に関する民間の資格はたくさんありますが、医療事務になる為には特に必要な資格はありません。病院が行う面接や試験に合格すれば誰でも医療事務として採用されます。
この中で、厚生労働省の認可のある財団法人日本医療保険事務協会が開催する、診療報酬請求事務従事者の取得難易度は高く、医療事務として実際に働いている方の受験が目立ちます。

 

医療秘書とは

医療秘書は、秘書という名称のとおり病院の医院長の秘書としての業務を主として行います。職務の中には医療事務の仕事も含まれます。
秘書としての業務とは、院長、看護部長、医局長のスケジュール管理、来客への対応、電話の取り次ぎ、書類の作成や整理です。
医療事務とは異なり医療秘書教育全国協議会が主催する医療秘書技能検定(1級、準1級、2級、3級)に合格している事が、医療秘書となる為の条件の1つに上げられる場合があります。
医療秘書は一般の秘書としての能力の他に、医療事務としての能力。医療機関の組織運営、医療関連法規に関する知識。さらに医学的基礎知識や医療関連知識が求められます。
近年では英会話能力、翻訳能力等も求められています。
医療秘書は大規模な病院で稀に求人が出る程、求人数は多くありません。

 

医療事務と医療秘書の違いとは?

医療事務は、病院へ受診する為に来る患者のレセプト作成等の事務的な対応を行います。
一方、医療秘書は病院で働く職員の事務的な業務を行うという点が異なります。
医療秘書の職務内容には、医療事務が行う職務も含まれている為、医療行為以外の病院事務全般をこなす能力が求められます。

医療事務に必要な資格とは?

医療事務に関する資格の数はとてもたくさんあります。
このたくさんある医療事務に関する資格のどれか1つを取得しなければ、医療事務の職に就けないというわけではありません。
実際の医療現場では医療事務に関する資格を取得している方はあまり多くありません。
現場では資格よりも、実務経験が長い人物やパソコンのスキル、またはコミュニケーション能力が高い人物の方が優遇される傾向があります。

 

これは医療事務に関する資格試験を行う団体により、医療事務に関する資格の名称が異なるだけであり資格試験に合格して取得できる医療事務の資格のすべてが民間資格だからです。
医療事務に関する資格には国家資格はありません。そのため業務独占資格では無いのです。

 

医療事務が持っていると有利になる資格について

医療事務の職に就く為に必要な資格及び資格試験は特にありませんが、資格試験に合格し資格を取得していると医療事務の職に就きやすくなる資格はあります。
その資格とは「診療報酬請求事務」です。
この資格は、実際に医療事務の現場で働いている人がスキルアップを目的として多数受験している資格であり、実際に取得するとお給料に資格手当がつく場合があります。

 

この診療報酬請求事務の資格試験(診療報酬請求事務能力認定試験)は年に2回開催され、この試験を主催する財団法人日本医療保険事務協会は、医療事務の資格試験の中で唯一、厚生労働省認可国家認定試験機関となるのです。
診療報酬請求事務能力認定試験の難易度がたいへん高く合格率も30%から40%と低くなっています。

 

そのため現役の医療事務員ですら合格する事が難しい、医療事務の資格試験の最難関試験と位置づけられています。

医療事務って独学では資格は取得できないのでしょうか?

医療事務の職に就く為に、医療事務に関する資格を取得する必要はありません。
医療事務に関係する資格のすべてが、民間資格であり国家資格では無いからです。
国家資格ならば業務独占資格となり、取得せずに資格所有者と同じ行動をとってしまうと犯罪となってしまう場合があります。
例えば、業務独占資格である医師・看護師免許を持っていない者が注射を行うと、傷害罪になってしまうのです。

 

医療事務の現場としては、医療事務に関する資格がいくらあっても実務経験を優遇する傾向が強くあります。
つまり、どのような医療事務の資格を持っている人物よりも、レセプトの処理を素早く片付ける事のできる人が医療現場としては欲しいのです。

 

しかしながら、病院ごとにレセプト(診療報酬明細書)の作成方法や処理作業の仕方が若干異なるので、レセプトの処理作業に関する基礎の知識だけを持っている人が逆に重宝されるという事もあります。

 

独学と通学の違い

医療事務はレセプトの作成が主な業務となります。レセプトの作成や処理の方法は独学でも十分マスターする事が可能です。
ですが、レセプトの点数が法改正により度々、大きく異なる事があります。このような場合は独学で、しかも知り合いに医療事務関係者がいない場合は不利になります。

 

この点において、独学では無い、通信教育及び専門学校へ通学している人ならばつぶさに最新の情報を仕入れる事ができるので有利となります。
また、独学では実習訓練を受ける事ができません。
病院は個人経営の小さな病院も忙しく、未経験者を手取り足取り教える余裕が無いという現状があります。

 

独学でも十分、医療事務になれますが、基礎の基礎は独学以外をお勧めいたします。

医療事務の勉強をするには通信講座と通学のどちらが良いの?

医療事務の勉強、通信講座のメリット

医療事務に関する通信講座は現在とても充実しています。
これは女性が、結婚し妊娠、出産後でも医療事務として働いたという経験があると、子育てが一段落して再就職を考える時に、実務経験有りというのが、採用の決め手になる事が多いからです。

 

さて、通信講座のメリットは、自宅で自分のペースで、自分のしたい時間に医療事務の勉強ができるという事です。
前述のとおり、医療事務に関する通信講座は充実していますので、自分にあった講座を探す楽しみもありますね。
学生で医療事務を目指している方、主婦や昔、医療事務をしていたけれど法改正でレセプト(診療報酬明細書)の点数が異なり、再就職するのに一株の不安がある方等に支持されています。
デメリットを上げるなら、「自宅で自分のペースで、自分のしたい時間に医療事務の勉強ができるという」点です。
ついついサボってしまい、最終的には医療事務の勉強をすること事態が億劫になり、諦めてしまうことです。

 

医療事務の勉強、通学のメリット

通学のメリットは、わからない事、もっと知りたい事を即座に講師に尋ねる事ができる点です。
また授業時間が決まっていますので、他の事をしながらのながら勉強をすること無く、授業中は徹底的に医療事務について学ぶ事ができる点も上げる事ができます。
自宅で独学だと怠けてしまう、という人にとっては同じ志を持つ仲間が居る学校というスペースで医療事務についての勉強で切磋琢磨できるのは、有意義な時間と経験になるでしょう。

 

デメリットを上げるならば、忙しい人や自宅の近くにこのような医療事務に関する学校が無い人にとって、通学での勉強は通学をするだけで一苦労なので、それが億劫になってしまうという事でしょう。
また料金も少々高いので、経済的に豊かでなければ難しいです。

Sponsord Link